「七日の王妃」キャストと相関図【パク・ミニョン×ヨン・ウジン】

韓国ドラマ「七日の王妃」のキャストと相関図を紹介しているページです。

 

「七日の王妃」相関図 【日本語版】

Licensed by 韓ドラデラックス Media Ltd. ⓒ韓ドラデラックス All rights reserved

ピックアップキャスト

 

シン・チェギョン役(=端敬王后)(パク・ミニョン)

明るく朗らかで、思ったことをずけずけという両班の娘にしては粗暴な女の子。

しかし、絆を人一倍大事にする性格で、晋城大君や燕山君から好意を寄せられる。父は成宗の代から忠臣として王に仕えるシン・スグンで、父の姉は燕山君の妻・王妃にあたる。



晋城大君 役(=中宗)(ヨン・ウジン)

燕山君の異母兄弟。幼少のころから父成宗などから王位に就くことを期待されていたが、幼かったため兄の燕山君の王位の下で育つ。燕山君からは敵意を向けられ、勢力争いの中で命を狙われる。チェギョンを心から愛し、守るために燕山君と戦うことを選ぶ。



燕山君 役

母が廃妃になったため後ろ盾がいないまま王位に就いた孤独な暴君。常に弟の晋城大君に王位を奪われるのではないかと疑心に駆られており、少しずつ心をむしばまれていく。

チェギョンにだけは唯一心の安らぎを感じていたが、晋城大君の妻となった頃にチェギョンへの恋心に気づき、晋城大君への嫉妬と、チェギョンに幸せになってほしいという思いの板挟みに苦しむ。



ソノ 役(チャンソン) 

小さな出来事がきっかけで出会い、晋城大君とチェギョンが幼いころに、3人で変わらぬ友情を誓った。農民の息子として生まれたが、父の正体は元史官で、成宗の遺言のありかを知っている唯一の人物として燕山君に命を狙われる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください