「青い海の伝説」あらすじをネタバレを含めて紹介【イ・ミンホ × チョン・ジヒョン】

時空を超えて巡り会う運命の恋ー ハイヒールを履いた人魚とイケメン詐欺師のファンタジーラブストーリー韓国ドラマ「青い海の伝説」のあらすじや見どころをネタバレを含めて紹介。

これから視聴しようか迷っている方の参考になるよう、雰囲気や大まかな内容をお伝えしています。

 

作品概要

「相続者たち」、「花より男子~Boys Over Flowers」のイ・ミンホと、「星から来たあなた」、映画「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンの二人が織りなす人魚と人間の400年の時を超えた輪回転生の恋物語

 

あらすじ

時は遡ること1598年、烈しい嵐の後、海岸には大量の魚が打ち上げられていた。

村の者たちが思いがけない天からの恵みに喜んでいる中、魚ではなく美しい人魚が、嵐の波に飲まれ海岸の岩場から抜け出せなくなっていた。

 

美しい人魚の名は、セファ(チョン・ジヒョン)。

人魚の体から取れる油は上質で、永遠に灯火が消えることがないとまで言われていた

この地の権力者で悪どい商人のヤン(ソン・ドンイル)は、セファを庭の池に捕らえ商売を企んでいた。

 

そこへ新しく赴任してきた県令(地域を監督する役人)のキム・タムリョン(イ・ミンホ)が、ヤンの接待を受けやってくる。

セファを一目見たタムリョンはいたたまれず、ヤンの今までの悪事に目を瞑る代わりに人魚を譲るよう交渉し、彼女を救い出したタムリョンは、そのままセファを海に逃がしてやる

だが、諦めきれないヤンは、セファはまたタムリョンに会いに来ると踏み、次は逃さず捕らえてやると悪事の算段を踏むのだった。

 

400年の時が過ぎ、物語は原題へ

それから400年の時が過ぎ、タムリョンはホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)となって、手品や催眠術も使いこなす詐欺師として現代で生きていた。

とある大企業の隠し財産を仲間とだまし取ったジュンジェは、スペインに高飛びする。

 

一方、現代となった今も、なんとか絶滅せずに数匹の人魚が、青い海で生活していた

一匹のセファによく似た人魚(チョン・ジヒョン)が、海の底で緑色に輝く綺麗な腕輪を見つける。

すると、海は突然大きく荒れ出し、人魚は大波に巻き込まれ、浜辺に打ち上げられてしまった。そして、何気なく立ち上がった人魚には、驚くことに足が生えていた。

どうやら陸に上がると環境に順応して魚の尾は消え、足に変わり、人間として振舞うことができるらしかった。

 

その時、人魚が流れ着いた入り江に建つホテルの部屋からジュンジェが現れる。

人魚はジュンジェに興味を持ち、後を追いかけホテルの部屋に忍び込む。突然現れた奇妙な女に驚くジュンジェ。

一旦は警察に突き出し追い払うが、彼女がしていた腕輪が気になり調べてみると、なんと60億ウォン(6億円)もの腕輪である事を知り、慌てて彼女を連れ戻す

 

言葉も喋れない、常識もわからない奇妙な女から腕輪を盗み取り逃げ出すジュンジェだったが、どうにも彼女が気になって仕方ない。結局、ジュンジェは再び彼女の元に戻ってしまう。

 

そこへ、ジュンジェに騙された大企業の女社長が送った追っ手が現れる。

仕方なく人魚の手を取り、二人は一緒に逃げるはめになるのだが…。

 

みどころ

韓国で古くから伝わる説話集『於于野譚(オウヤダム)』に出てくる、実在した朝鮮の県令キムダムリョンが、捕らえられた人魚を海に返してあげたお話しをモチーフに作られた作品です。

韓国で平均視聴率17.6%最高視聴率21.0%と高視聴率を獲得し、主演の二人はベストカプル賞も受賞した人気ドラマ。

 

イ・ミンホの凛々しい韓服姿と女性を虜にするセクシーな仕草にうっとり…

現代劇の出演が多いイ・ミンホですが、今回は、時代物の衣装に身を包んだ凛々しい姿を見ることができます。

一方現代での、手品と催眠術を使って言葉たくみに女性を口説く場面は、ホントにドキドキしてしまいます。

男性の手が好きって女性は多いですよね。その辺りもちゃんとわかってて演出してるのかしら?と思ってしまうほど。ジッポライターを巧みに操る場面は、思わず見入ってしまいます。

 

突っ込まずにいられないチョン・ジヒョンのファッション!!

チョン・ジヒョンの人魚姿は、まるでイブニングドレスを着ているようで、息を呑むような美しさです

海から上がってすぐの場面では、大きな貝殻をクラッチバッグのように持って歩く姿が、おしゃれすぎて思わず笑ってしまいます。

現代に移ってからホームレスの女性(ホン・ジンギョン)と友達になって、ゴミ箱からあさった洋服を二人で着ているのですが、ホームレス役のホン・ジンギョンさんも元モデルさんで、今はバラエティ番組でも活躍している女優さん。

とにかく二人の抜群のスタイルとファッションセンス、そして絶妙な二人のとぼけた会話がおかしくてたまらないです。思わず「いやいやおしゃれすぎだろ!!」と突っ込みたくなります。

 

コメディーからサスペンスへ物語は急展開

二人を執拗に追いかける権力者のヤンは、現代に移ってからは犯罪を犯しながら逃走し続ける殺人犯マ・デヨン(ソン・ドンイル)となって二人の前に現れます。

「恋のスケッチ~応答せよ1988~」のちょっと頼りないけど優しいお父さん役が印象的だったソン・ドイルさんが、今回はうって変わって謎のシリアルキラーを演じます。

マ・デヨンは素性や考えていることが読めないので、とにかく怖いです。

二人の恋物語がコメディータッチで明るくかわいく進む中で、マ・デヨンの存在が180度違うサスペンスの世界へと一気に切り替えてしまいます。

 

 

脚本と演出がキャストの魅力を最大限に発揮

個性的な3人の関係の裏で複雑に絡み合う人間関係が、さらに物語を複雑にしていきます。

脚本は、「星から来たあなた」「逆転の女王」のパク・ジウン。

演出は、「シティーハンターin Seoul」「華麗なる遺産」のチン・ヒョク。

主演二人の魅力を熟知したスタッフが、存分に力を発揮して作った作品に仕上がりました。

 

スタッフの遊び心を感じる…まさかのカメオ出演!

飛行機の中でジュンジェに口説かれるCA役を、f(x) のクリスタルが、チョ・ジョンソクは男の人魚役で出演します。

そしてあの「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョンが、15年ぶりにチョンジヒョンと共演を果たしたと話題になりました。

 

まとめ

とにかく、出てくる登場人物全員から目が離せない物語。

美しい海の映像と、二人が訪れたロマンチックなシチュエーションの数々にも、きっとハマってしまうはずですよ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください