「ボーイフレンド」キャストと相関図

韓国ドラマ「ボーイフレンド」のキャストと相関図を紹介しているページです。

全16話で構成されているドラマ「ボーイフレンド」は、一度も自分で選択した人生を歩めなかったチャ・スヒョンと自由で清い魂キム・ジンヒョクの偶然の出会いから始まるロマンスドラマ。

 

「ボーイフレンド」相関図 【韓国語版】

画像:tvN公式サイトより

 

 

出演者/キャスト

チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)ドンファホテル 代表

画像:tvN公式サイトより

政治家の父を持つ娘に自由はない。父の選挙運動の度にたすきをかけ挨拶をし歌をうたった。賢くて綺麗なスヒョンはすぐに芸能人ほどに有名になった。そうして国会議員の娘からソウル市長の娘へ。今や党代表の娘だ。

父を大統領官邸に入城させたい母のビックピクチャーに合わせ大学卒業後テギョングループの息子の妻となり、今は財閥家から離婚を告げられた女となった。

離婚した日、スヒョンは笑った。生き返ったみたいで。慰謝料で終わりに向かっている事業”ドンファホテル”を引き受け狂ったようにしがみついた。そして4年ぶりに業界1位に返り咲かせた。

 

テギョングループの前妻ではなくドンファホテル代表として生きていきたいのに離婚後も元夫の実家の影が首輪のように彼女の首を締めつける。”テギョングループのイメージに欠点を残す不祥事が発生した時ドンファホテルはテギョングループに返却される。この全ての決定は取締役会議を通して決定される。”

その’不祥事’とはなにか。いずれにせよまだその’不祥事’は起こっていない。

 

 

キム・ジンヒョク(パク・ボゴム)

画像:tvN公式サイトより

住民登録抄本に住所地がひとかたまり。29年前にホンジェ洞の家で生まれ、成長し今もそこに住んでいる。父は生まれ育った町でジンヒョクの年齢ほど長い間果物屋を営んでいる。両親に似て優しく親切なジンヒョクは市長や町の大人たちにかわいがられている。しかし、勉強もちゃんとしていたのになぜ卒業して1年が過ぎても就活中なのかはわからない。

実はやりきれない部分もある。大学も一年早く入学して優秀な成績で早期卒業し同級生よりも全く遅くない就活生なのに。それでも一年間遊んでいるから何も言えない。

 

就職活動をしながら地道にアルバイトをした。スーパーの倉庫作業から百貨店のフードコーナーまで。携帯代を払い、車代を払い、町の行きつけの店デチャンの店でたまにビール一杯。その他に、全てのお金を集めてキューバに4週間旅行にいった。ジンヒョクの人生にこんなに長い旅行がまたとあるだろうか。ひょっとしたら最後の贅沢だろう。古いフィルムカメラを持ってキューバの美しさを収めていた最後の日。道に迷った彼女を収めてしまった。

 

 

チョン・ウソク(チャン・スンジョ)テギョングループ 代表

画像:tvN公式サイトより

財閥の息子であるためたくさんの女と出会ってきた。自分と結婚したくて必死な女たち。ウソクの家の戸籍に2日だけでもいいから入りたいと近づいてきた女たち。

スヒョンはその女たちとは違った。無表情な姿が気に入った。事情があるように見えるが優雅な顔。一緒にいれば彼女も自分を好きになるだろうと思っていた。しかし愛という感情が彼女にはないのだろうか。だから離婚しようと告げた。好きな人がいると。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください