「ここに来て抱きしめて」キャストと相関図【ホ・ジュノ】

このページでは韓国ドラマ「ここに来て抱きしめて」のキャスト・相関図を紹介しています。

今回、〈私の愛 あなたの秘密〉の後続作、〈ここにきて抱きしめて〉が放映されました。ホ・ジュノが久しぶりにドラマに出演する作品のため、より一層話題を集めています。

ドラマ〈ここにきて抱きしめて〉は、2018年5月16日からMBCで放送予定の『MBC水木ミニシリーズ』で、毎週水曜日、木曜日夜10時から放送。

 

「ここに来て抱きしめて」相関図 【韓国語版】

画像:MBC公式サイトより

 

キャスト

チェ・ドジン(チャン・ギヨン)
劇中本名、ユン・ナム/28歳/警察官

画像:MBC公式サイトより

「心配せんでもええ。サイコパス、それは遺伝でもないし、近くにおっても風邪みたいに人にうつるもんでもないわ。」

少しの恥じらいもなく堂々としている。流暢な慶尚道方言を駆使する、面白味のあるまっすぐな男。正義感が強く特別目を引く存在だ。

 

10秒ほどじっと見つめれば、間抜けなスリ犯までもが「刑事は警察官じゃなくてモデルでもいけそう。」と言い出しそうな程、体つきのいいイケメンだ。

おかげで彼をひと目見た人々は、誰もが口を揃えて「彼は裕福な家で苦労もせず、両親の愛情をたっぷり受けながら育った、大切な一人息子だろう。」と言った。

しかし実際のところ、彼は韓国史上最悪のサイコパス、ユン・ヒジェの末息子。ユン・ナムであった。

ドジンの幼少期の初恋相手であるキル・ナグォンは、ドジンが父とは違う人間であるということを悟らせ、救ってくれた最初の人物だ。

 

 

ハン・ジェイ(ジン・キジュ)
劇中本名、キル・ナグォン/28歳/大韓民国トップ女優

画像:MBC公式サイトより

「私の過去は、少し重いドキュメンタリーのよう。今では完全にバラエティタレントになってしまって、1日に10回ずつ鬱憤を吐き出すの。まるでマウィ火山のように―」

子供の頃、有名女優だったジ・ヘウォンを母に持ち、とても面倒だと思ったこともあったが、色々な人物になれる女優という職業がとてもカッコよく見えた。

物心ついた頃には女優を目指し、ツラく悲惨な出来事を経験しながらも挫折することなく女優の道を掴み取った。

人懐っこい、明るい印象を持つ彼女。

まさか韓国史上最悪のサイコパス、ユン・ヒジェに殺された国民的女優ジ・ヘウォンの娘ということなど、誰もが思いもしなかった。

 

現在は、韓国で最も人気のある女優であり、恋愛ドラマにおいての演技は目を見張るものがある。そうかと思えば、言いたいことを全て言い放つ自己愛に満ちた部分もあり、そのギャップゆえ男女共にファンが多い。

思春期が始まる頃に出逢った初恋の相手ユン・ナム。ナグウォンの両親を殺した仇の息子だ。

子供にも関わらず、大人のように落ち着いているユン・ナム。両親を殺した仇の息子なのに、今も会いたいと望んでしまう自分自身が恐ろしい。

また出逢ってしまえば、子供の頃にまっすぐナグウォンを見つめていたナムを思い出し、また愛してしまうようで今はそれが1番恐ろしい。

 

 

コン・ヒジェ(ホ・ジュノ)
ナムの父親/50歳/サイコパス 連続殺人犯

画像:MBC公式サイトより

「ソウルの中心で1時間もただ立っていると、色んな奴らが通り過ぎていく。
その中で気に食わない奴ら、刺しても何の問題もない無関係な奴らがごまんと存在する。


世界とは、人間とは、そんなもんだ。
理由なんてない。ただやりたい様に生きるんだ。
狂った世の中じゃないか。八つ当たりしながら生きないと。
俺は普通の奴らとは違う。格が違うんだ。」

 

見た目は魅力的で、プライドが高い。巧みな嘘で相手をコントロールし、後悔や罪悪感といった感情が欠落している。思いやりがない。

責任感といったものはなく、衝動的で、常に刺激を求め、人に寄生する生活を送っている。

 

ユン・ヒジェは、サイコパスの必須要素を兼ね備えた悪人だった。ヒジェは、自分とよく似た行動をする兄ヒョンムには興味が無く、自分と正反対の優しくて賢い弟ナムを溺愛した。

ナムとの関係をより良いものにするためには、ナグウォンの家族が邪魔だったのだ。一度邪魔者だと思った奴は排除する。ヒジェはナグウォンの家族を始末した。

あいつらのせいだ。

俺は貧しく、思い通りにならない環境で育った。我慢は嫌いだ。あいつらが俺の邪魔さえしなければ、害は与えなかっただろう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください