韓流ドラマ王になった男動画配信/DVDレンタル開始日/発売日はいつ?

韓流ドラマ王になった男のdvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・作品情報などを調べることができます。

ページ内掲載情報は2019年5月時点です。
配信状況は毎月変動します。最新情報は各公式サイトで確認。

動画配信状況

フル動画を無料視聴できるか調べています。
見放題にチェックが入っていると無料で視聴できます。

 動画見放題無料期間
TSUTAYA  30日
U-NEXT 31日
Hulu 14日
FOD 1ヶ月
dTV 31日
mieru-TV初月
DMM

 

DVDレンタル状況

dvdレンタルが実施されているか調べています。

 宅配/レンタル
TSUTAYA  ー
GEO ー
DMM ー

 

DVDレンタルリリース日程

未定

 

DVD発売日

未定

 

DVDレンタルや発売日はいつ頃?

これまでのデータからいつ頃になるか予測しています。

2020年3月頃の見込み

 

「王になった男」ドラマ情報

頻繁な変乱と王位をめぐる権力争いに、混乱が極限に達した朝鮮中期。

王が自身の命を狙う者から逃れるために、双子よりももっと似ている広大(グァンデ:芸人)を宮に据え、そこから繰り広げられる物語を描いたドラマです。

 

あらすじ

朝鮮は昔身分社会でした。最も高い身分が王。そして最も低い身分が広大(グァンテ)という芸人でした。

身分の広大(グァンテ)が尊い王になったとしたら?

実際、班常法度(両班より上の身分の者に対して、たとえ年齢が上でも、下の身分の者は相手を敬わなければならないという法度)が厳しい、貴賤の身分の差がハッキリと線引きされている朝鮮時代では、想像することすら難しく、広大(グァンテ)が王になるなど決して起こりえないことです。

 

しかし、その想像不可能な出来事が起こります。

卑しい身分の広大(グァンテ)であるハソンが尊い王であるイ・ホンに成り代わり、中殿(チュンジョン:王妃)ソウンを愛し、そして真の王になって大切な人と国を守るために、王座を狙う反対勢力と血肉の死闘いを繰り広げることになります。

その過程で、ハソンは気付きます。

王とはすべてを手にしているように見えても、自分の味方だといえる人物たった一人でさえも持つことが許されない孤独な身分であること。

 

王座を守るためならば、たとえ自分の信じる人であったとしても、血肉をえぐる思いで怪物になり立ち向かわなければならない時があるということ。

真の王は、権力を振りかざして富を得るものではなく、民のために自分を犠牲にしなければならならず、そして良い王は、民を笑顔にし、幸せにするということ。

さらにその点では、広大(グァンテ)の立場と、さほど大きな違いはないのだということ。

このドラマは、そのような思いを悟るようになっていく物語なのです。

 

プロット/企画目的

朝鮮では最も高い身分が王で、最も低い身分が広大(グァンテ:芸人)だった。

8つの低い身分として、私奴隷(サノビ)、僧侶(スンリョ)、白丁(ペクジョン)、巫女(ムダン)、喪興軍(サンヨグン)、妓生(キーセン)、工匠(コンジャン)、広大(グァンテ)などがあったが、広大(グァンテ)は低い身分である8賤の中でも最も低い身分で、牛や豚などを殺す仕事を生業とする人間扱いされなかった白丁(ペクジョン)でさえも、同じ机で食事をすることは無かったと記録されている。

 

そんな身分の低い広大(グァンテ)が尊い王になる?

班常法度(両班より上の身分の者に対して、たとえ年上でも下の身分の者は上の身分の者を敬わなければならないという法度)が厳しい、貴族と賤民の身分の線引きがハッキリとされている朝鮮時代にはそんなことは想像もできず、決して起こり得ないことだった。

王はその血統が何よりも重要であり、王としての素質を持つことと、さらに王としての教育に徹底することが当然だったため、身分の低い広大(グァンテ)などが他の誰かに成り代わるということなど。ましてや王に成り代わるということなど。決してあり得ないことだ!

しかし、その想像不可能な出来事が起こる。

 

低い身分の広大(グァンテ)であるハソンが尊い王であるイ・ホンに成り代わり、中殿(チュンジョン:王妃)ソウンを愛するようになり、真の王になり、大切な人と国を守るため王座を狙う反対勢力と血肉の死闘を繰り広げることになる。

その過程でハソンは気付く。

王とはすべてを手にしているように見えて、自分の味方一人持つことが出来ない身分であるということ。

王座を守るためならば、たとえ自分の信じる者であっても、時として血肉をえぐる思いで怪物となり立ち向かわなければならない、悲痛な身分であるということ。

 

真の王とは権力を振りかざし富を得る者ではなく、民のために自分を犠牲にしなければならないということ。

良い王とは民を笑顔にし、幸せにしなければいけないということ。

そして、民を笑顔にし、幸せにするという点では、広大(グァンテ)とさほど違いはないということ。

 

王になった広大(グァンテ)とその広大を愛するようになった王妃。

そして2人が作っていく新しい国のために羞恥を甘受して忠誠を誓う忠臣の物語…

誰かはただの偽物だと言い捨てるが、彼らにとっては本物であるという物語…

その熱く激しい物語が今、始まる。

 

「王になった男」感想/評価

韓国ドラマ「」の評価やレビューを書き込んだり、調べることができます。

評価統計

0
0.0 rating
0 out of 5 stars (based on 0 reviews)
★50%
★40%
★30%
★20%
★10%

 

評価/レビューを書く

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください