「獬豸 カイチ」キャストと相関図【チョン・イル×クォン・ユル】

韓国ドラマ獬豸 カイチに出演した登場人物やキャストと相関図を紹介しているページです。

ドラマ「 獬豸(カイチ)」は2019年2月より放送予定のSBS月火ドラマで、あらすじについては、身分の低いムスリ(宮廷の下女)として生まれた王子、延礽君(ヨンイングン)イ・グムが情熱溢れる科挙の準備生パク・ムンス、司憲府の熱血茶母(タモ:官庁所属の下働きで、時に女刑事のような役割もする)ヨジ、町をふらつくチンピラ、ダルムンと共に力を合わせ、王権を勝ち取る過程を描いたドラマ。

 

「獬豸 カイチ」相関図 【韓国語版】

画像:SBS 해치 公式サイト

登場人物/出演者・キャスト

延礽君(ヨンイングン)イ・グム役:チョン・イル

画像:SBS 해치 公式サイト

半賤半貴(低い身分の血筋と貴族の血筋が半々)の卑しい身分の王子、

延礽君(ヨンイングン)イ・グム。

彼が朝鮮王朝の最も偉大な王の内の一人となる。

第19代王である、 粛宗(スクチョン)の息子。

王の血肉、まぎれもない王子でありながら、母親である 淑嬪崔氏(スクピン・チェシ)が賎民である為に認めてもらえない人物だ。

どこにも役に立たない賎民の王子、それが「 延礽君イ・グム」のタイトルという訳だ。

愛する弟、延齢君(ヨンリョングン)と寂しい監察ハン・ジョンソクの哀れな死、それが結局は全て自分のせいだという自責感に陥り、苦しむイ・グム。

これ以上愛する人達を失いたくない、絶対守ってやると心に誓う。

「ひょっとして・・・すごろくの駒みたいな、王になってくれる王子一人・・・要らないですか?」

一時は何でもなかった存在。

半賎半貴の卑しい身分の王子、 延礽君イ・グム。

彼が朝鮮王朝の最も偉大な王の内の一人となる旅路が始まる。


パク・ムンス役:クォン・ユル

画像:SBS 해치 公式サイト

情熱溢れた、熱血、正義の監察

後には朝鮮最高の 暗行御史(調査官)!

朝鮮時代、勢力が弱い「少論派」の中でも名前すら知られていない家に生まれたムンス。

両班(ヤンバン)の一族だと言っても暮らしは貧しく、父親まで早くに亡くし、母一人で苦労して勉強させたケース。

しかし、だからと言って何するでもない、生まれつきの頭脳がついていかない。

根性と情熱、正義を追う意気込みだけは当代朝鮮の上位1%それでも夢は尊敬して止まない先輩、ハン・ジョンソクのように司憲府の監察になる事。なぜかって?

大の男なら当然、本物の刀を持って一番強い者を打ち、一番弱い者を守らなければならないからだ。

粛宗の末期、荒れる世子の交代期に偶然出会ったイ・グムと悪縁で運命を開く。

裏切り者と思っていたイ・グムの行動がどうもおかしい。

世子となった彼は追い出されたヨジを司憲府に復職させ、密かにムンスを助け、ダルムンを通じて庶民達の暮らしを調べる。

彼も自分と同じ夢を見ていたのだろうか??


ヨジ役:コ・アラ

画像:SBS 해치 公式サイト

朝鮮時代の男前‼︎歩く人間兵器‼︎

でも、心は限りなくか弱く、司憲府の熱血茶母(タモ)。

司憲府内の茶母はもちろん、全てのソユ(捜査官)に通じ、武術と捜査に最も長けた人材の中の人材だ。

仕事に関する事には細かく、神経質で敏感な完璧主義者だが、それを除いた世間の全ての事は知らぬ存ぜぬだ。

彼女の父はとても有能なソユ(捜査官)だったらしい。

ところが上官の命で有力者の不正を追っていたところ失踪し、幼い身で一人になったヨジは、父の上官だったハン・ジョンソクが父親となって育て、ジョンソクと共に過ごした。

ジョンソクは彼女にとって兄弟であり父のような存在で、ジョンソクの妻は母のような存在だった。

密豊君(ミルプングン)タンの陰謀を暴いていて偶然出会ったアウトサイダー王子イ・グム。少しは良い人かと思っていた彼がジョンソク夫婦の死に関わっているとは・・・。

絶対二度と顔を合わせたくない。

見かけによらず「女前」そのものの彼女の成長期が始まる。


ダルムン役:パク・フン

画像:SBS 해치 公式サイト

組織の荒くれ者達のボスであり、名の知れた役者。

扇子一つで数十人の若者を相手にする武術の達人。

名前も性別もわからないまま通りで生まれ、通りで育ち、生まれつきの度胸と統率能力を活かし漢陽(ハニャン:現在のソウル)の真ん中、廣通橋(カントンキョ)の主となった人物。

都の全ての情報はダルムンを通しているという説もある。

ある日彼は延礽君と遭遇する。

冷淡さと作り笑いで自分をかたくなに隠した男、鋭いダルムンは彼が本物である事を一度で見抜く。

あんな人間が王座にあがれば、世の中少しは変わるかもしれないと希望を持つようになるダルムン。

世の中に正義なんてものはないと固く信じて来たダルムンが彼らしくもない、冒険を選ぶ。

自分が築いた勢力によってこの町でイ・グムの補佐となると決めたのだった。

彼には胸の内に刻まれた忘れられない女性がいる。

自分のように捨てられた子供ポクタンを誰より愛し、大切にしていたが、権力に目が眩んだポクタンは有力な老論派の権力者、キム・チャンチプの妾になってしまう。

宮殿の王イ・グム、町の王ダルムンが共に生きる為、良き国を夢見る。


ミン・ジンホン役:イ・ギョンヨン

画像:SBS 해치 公式サイト

西人老論派勢力の実質的なボス。

権力を失うというのは、まさに死だ。

粛宗の正室だった仁顯王后(インヒョンワンフ)の兄で、妹が廃位となり家門が落ちぶれる危機に遭い、生死をさまよう権力の原理を誰よりも切実に悟った。

彼は失敗を許せない。

いつも必ず自分に相応しい対価との引き換えだ。

弱点が多く、王が命じさえすれば、言われた通りにやる密豊君タンを老論派の操り人形として利用したが、延齢君を毒殺したせいで全ての計画がバレてしまう。

それ以後、誰も予想できなかった 延礽君イ・グムというカードを探し出す。気に入らないが、今すぐ自分の駒になってくれる操り人形が至急必要だった。

仕方なくイ・グムを世子に上げ、不本意ながら王にしてやったミン・ジンホン。

最後までイ・グムと対峙する強力な政敵としてイ・グムをより強くする存在となる。


密豊君(ミルプングン)タン役:チョン・ムンソン

画像:SBS 해치 公式サイト

悲劇的に生を終えたソヒョン世子の子孫。

世に稀な問題人間だが、悲しい眼をした、くせのある役者。

祖父がソヒョン世子の3男として悲惨な人生を生き、彼に続いたタンの人生も変わらず哀れだったのだ。

れっきとした自分の物を奪われたという被害意識にとらわれ、他人の考え、苦しみなんてものは理解できない。

全壊しそうな藁ぶき屋根の家でかろうじて食い繋いで来た没落王の子孫はある日王子が必要だった老論派によって救出され、それが結局悲劇的な運命の始まりとなる。

世子が交代し、その座に座らされるまさにその直前、タンを追っていたハン・ジョンソクと日頃から潰してやりたいと思っていたイ・グムによって妨害が始まるや理性を失い彼は延齢君を毒殺してしまい、目の前の王座を逃す事となる。

朝鮮の半分が死んだからって何だ。

たった一人の庶民が残ったんだとしても私が王でありさえすれば良いものを。


チョン・ユニョン/ポクダン役:べ・ジョンファ

画像:SBS 해치 公式サイト

西人老論派の領主であるキム・チャンチプお気に入りの妾。

多くの物を手にしても常に満たされず、悲しい女性。

幼い頃に捨てられた自分を助けてくれ、世話してくれたダルムン。

しかし、ポクダンはもっと大きな世界を見たい。

ダルムンを捨てて逃げ、「ウニョン」という名前の芸者として新しい人生を生きる事になった彼女。

結局、ウニョンは西人老論派の領主、キム・チャンチプお気に入りの妾となり、密豊君タンとの不適切な関係も続ける。

彼女が目で笑うと、黒い胸の内をどんなに隠しても足りないくらい目も眩むほど魅力的だ。

キム・チャンチプを惑わせ、イ・タンを世子に押し上げ、この国の母となるのだと心に誓う。

熟練した彼女の動きがタンを世子にさせるかと思われたが、感情を抑えられないタンの失敗で、結局目前で夢を逃してしまう。

彼女は持てる物は全て手にしなければいけない女で、その為ならこの世でできない事はほとんどない。


ウィ・ビョンジュ役:ハン・サンジン

画像:SBS 해치 公式サイト

完全に没落した南人の血筋であり、ハン・ジョンソクの頼れる友人・・・

権力の為にどんな危険も顧みない生まれつきの世渡り上手。

没落した南人両班の家で生まれたウィ・ビョンジュ。

卓越した天才的頭脳を持ったおかげで首席合格で入閣、司憲府の監察となる。

しかしウィ・ビョンジュは知っていた。

首席というタイトルでどういう訳か司憲府までやって来たが、西人達の世の中、老論派と初めから仲間にはなれない南人という名前は彼にとって一生足かせとなるのだ。

 

 

以上が獬豸 カイチに出演した主なキャストの紹介になります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください