「品位のある彼女」あらすじや見どころは?ネタバレ無しで紹介

韓国ドラマ「品位のある彼女」のあらすじや見どころをネタバレ無しで紹介。

これから視聴しようか迷っている方の参考になるよう、雰囲気や大まかな内容をお伝えしています。

 

作品の詳細

大ヒット作『私の名前はキム・サムスン』で名高い演技派女優キム・ソナと、韓国最高の美人女優キム・ヒソンの豪華2大女優の競演で贈る、デスパレートなセレブ達をめぐるヒューマン、サスペンスコメディ。

 

【あらすじ】

ある夜、大富豪の豪邸で一人の女の死体が発見された。女の名はパク・ボクジャ(キム・ソナ)。豪邸の主であり、国内大手のパルプ会社の会長アン・テドン(キム・ヨンゴン)の後妻である。彼女はなぜ殺されたのか…。

 

さかのぼること数カ月前、アン家の次男アン・ジェソク(ジョン・ソンフン)の妻、ウ・アジン(キム・ヒソン)は、車椅子生活を送る義父の介護人に応募してきたボクジャと初めて面談した。

 

方言なまりの言葉を話し、地味な服装のあか抜けないおばさんだったが、かなり高い文化的知識を持ち、話も合う。そんなボクジャを気に入ったアジンは、住み込みの介護人として採用する。

 

 ボクジャの献身的な介護により、テドンは徐々に元気を取り戻し、自分をやさしく気遣ってくれるボクジャに心を奪われていく。テドンは家族の反対を押し切り、ついにボクジャを後妻として迎え入れようとする。

 

そんな中、夫ジェソクの浮気が発覚。相手は娘ジフに絵画指導をしてくれていたソンヒ(イ・テイム)だと知り、悩んだアジンは離婚を決意する。大富豪アン家に大きな波乱が巻き起ころうとしていた…。

 

【見どころ】

 

キム・ソナがなんと悪役に!

 キム・ソナは『私の名前はキム・サムスン』の主人公サムスンのような、おしゃべりで感情豊かな女性とは全く違い、本心を誰にも明かさない陰のある悪女、ボクジャを迫力たっぷりに演じています。

 

財産目当てでアン家に入り込んだボクジャ。ターゲットのテドンにはやさしく献身的に仕え、ボクジャを疑う家族の前では凄みのある声で脅しをかける、といった見事な豹変ぶりに、思わずゾッとしてしまいます。

 

そんな悪役でありながら、時々、自分を信頼してくれるテドンを憐みの眼差しで見つめ、そっと涙を流すことがあります。そんなボクジャの表情から、何とも言えない切なさがじわじわと伝わってきて、キム・ソナの演技の奥深さを感じずにはいられません。

このきめ細かな芝居のうまさがキム・ソナの魅力です。

 

キム・ヒソンの新たな魅力を発見!

美人女優として名高いキム・ヒソン。今でもその美しさと華やかさは、とても40代とは思えないほどです。今回のアジン役ではさらに、見た目の美しさだけではなく、夫の浮気に対してもとても冷静に対処することができる聡明な女性をうまく表現しています。

 

キム・ソナの強烈なボクジャと対峙することで、お互いの演技が一層際立ちました。

夫との修羅場においても気品を保ち続けるアジンの凛とした姿が光っており、キム・ヒソンの新たな魅力が、存分に引き出されています。

 

セレブ達の知られざる闇

大富豪アン家の家族たち、アジンのママ友とその家族たち…このドラマでは彼らセレブ達の日常も描かれています。

最新のファッションに身を包み、高価なブランド品や装飾品を身につけていても、その裏では

  • 財産相続をめぐって兄弟と容赦なく争ったり
  • 友達の成功を妬んだり
  • 夫の浮気に悩んでいたり

といった数々の闇を抱える彼女たち。

 

心の不安を隠すため、さらにうわべや見た目を着飾ることに必死なセレブ達のドロ沼のような世界を、ドラマを通じて垣間見たような気分になりました。

アン家の莫大な財産を手にし、念願叶ってセレブの仲間入りを果たしたはずのボクジャ。でも横顔には深い寂しさがにじみ出ており、真の幸せとは何か、を改めて考えさせられます。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください