「ミスターサンシャイン」時代背景やみどころを詳しく紹介

ドラマ『ミスターサンシャイン』は、 祖国朝鮮に戻って主君となり、朝鮮の精神的支柱である両班家の令嬢のキム・テリに会い、恋に落ちていくと言うストーリーだ。1900年~1905年の間に義兵の活躍を描いた。
このページではより楽しむための時代背景を紹介しています。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

歴史的に見ると、米国の商船であるジェネラルシャーマン号が1866年7月に貿易を求めて、イ・ヒョンイク、パク・チヨン、ユ・スンウォンを拉致して行った。のちにイ・ヒョンイクは救出されたが、パク・チヨン、ユ・スンウォンは殺害され、怒った朝鮮軍隊は船を燃やしてしまった。

米国船を燃やしたという口実から、5年後の1871年、米国は軍艦5隻を率いて通商を要求した。これが「辛未洋擾」だ。

朝鮮の王、高宗の摂政をしていた興宣大院君が激しく抵抗しようとしたが、退くことになった。イ・ビョンホンが、この船に乗って米国に行くことになる。

辛未洋擾の2年後の1973年から、高宗が親政を始めることになる。

鎖国の考えが合わなかった高宗と明成皇后は1875年、日本が英国から輸入した近代軍艦「雲陽号」が来て、通商を要求したところ、1876年江華島条約に釜山、仁川、元山を開港してくれるようになった。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

そして1882年に、米国と、1883年イギリス/ドイツと、1884年にイタリア/ロシア、1886年フランス/オーストリアと修好通商条約を結んで完全に開放された。

1884年明治維新に発展した日本を見習い、西洋の技術だけでなく、政治制度と思想まで、すなわち王が直接統治していない立憲君主制を望んでいたキム・オクギュン、パク・ヨンホ、ホン・ヨンシク、ソ・グァンボム、ソ・ジェピルなど、青年知識人たちが甲申政変 (こうしんせいへん) を起こすことになった。

この時、清の軍隊が高宗皇帝を守り、青四大清算、ミン政権打倒を叫んだ彼らだが、ホン・ヨンシクは殺害され、残りは亡命をした。

1894年には貪官汚吏(悪代官)を叫んだ 最初の「東学農民運動」は清に、また助けを要請した高宗日本も負けやしないかと入って来るようになり、農民たちが自ら解散したが、日清戦争勃発。日本の一方的勝利で終りがつげられる。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

この時 2次「東学農民運動」公州牛禁峙で、日本軍と朝鮮官軍の連合部隊に対立し、熾烈な戦闘をしたが敗北し、チョン・ボンジュンは毅然と死刑を受け入れた。
そして朝鮮も滅亡していった。1894.6.21 日本が景福宮に侵入。高宗を虜に取れば主権を失うためだ。

その後日本は、親日派キム・ホンジプ内閣を先に立たせて、7月「甲午改革」を推進し、政府と王室を分離させ、科挙制、身分制廃止、断髪令などを施行するようになった。

ロシアを引き入れて、日本を追い出したいという明成皇后を残忍に弑害した「乙未事変」(1895年)が起き、高宗は密かにロシア公館で亡命した。 これを「俄館播遷」(1896年)という。

1897年 、1年ぶりに慶運宮(現在の徳寿宮)に帰って来た高宗は、大韓帝国を宣布し、高宗は高宗皇帝となり、清、日と同等な国家だという事を示すようになった。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

ロシアの介入で思い通りにできない日本は、仁川沖合にあった2曹のロシア軍艦を撃沈させた。これが後の1904年2月10日、露日戦争のきっかけとなる。

同年の5月5日、ヨドン半島に上陸して、4月末には大韓帝国を抑え、北進した第1部隊は、鴨緑江を渡り、満洲に進入した。 ロシアの勢力拡大を牽制したイギリスとアメリカが、日本の肩を持ちながら、日本の勝利で終りを告げた。

1905年9月、日本の大韓帝国に対する特別権利を認めるポーツマス条約が成立した。
同時にアメリカとも「桂・タフト協定」を結んで、アメリカはフィリピンを、日本は大韓帝国を植民地化することを相互容認した。そして次は乙巳條約だ。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

1905年11月17日、結局外交権を剥奪された乙巳條約が強制締結をされた。
ミン・ヨンファン、チョ・ビョンセなどは自決したが、賛成した乙巳5席、 イ・ワンヨン、パク・ジェスン、イ・チヨン、クォン・チュンヒョン、イ・グンテクを中心として成り立った。

代表格である イ・ワンヨンは当時、学府の代わりにアメリカで留学し、 英語、 ロシア語、 日本語など 4ヶ国語を喋ることができた。

その後ずっと勢いはとまらず侯爵までなり、まだ韓国ではこのような歴史的な審判が行われなかった。

参政大臣(首相)ハン・ギュソルと度支部の代わりに、ミン・ヨンギは条約に反対し、最終的にハン・ギュソルは、日本の強圧で退きパク・ジェスンが参政大臣になりました。これ乙巳条約の内容だ。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

1904年、維新会という秘密団体で組織され、救国運動をしたナ・インヨン(ナチョル)とオ・キホ達が暗殺を試みたが失敗に終わり、オ・キホは 5年有罪刑を受けて島流しにあう。

1909年、熱血青年イ・ジェミョンはイ・ワンヨンを刀で刺し殺そうとしたが失敗に終わり、翌年の 24歳の年、死刑を免れることはできなかった。

一方、イ・ワンヨン(1858-1926, 69歳)は、日本の最高医術のおかげで一命を取り留め、30年の余生を生きた。

写真:tvN公式紹介動画よりキャプチャ

紹介動画を見たところイ・ビョンホンは米海軍将校だが、夜には義兵活動をしているのではないかと思われる。

そんな中、コーヒーの代わりに銃に興味を持つ朝鮮最大の士大夫家の令嬢、夜には義兵になるキム・テリと出会い、恋に落ちるのでしょうか。

写真:tvN公式サイトより

だからこんなポーズが出たのではないだろか?

写真:tvN公式サイトより

キム・テリの婚約者ピョン・ヨハンは、分別ない遊び人のように見えるが、キム・テリを愛するという役。

留学から帰って来て、キム・テリが他の男に心が惹かれている事を知り結婚を先延ばしてくれるという。暖かい男としてでている。

ピョン・ヨハンも果たして義兵なのだろうか?

写真:tvN公式サイトより

ユ・ヨンソクは白丁の息子として生まれ、人間として扱われた事がなかったが、唯一キム・テリが人として扱ってくれた。彼は、黒龍会漢城支部長を引き受ける。

黒龍会とは…

1901年2月23日内田良平などが、韓半島、満州、シベリア一帯で、職なく渡り歩く浪人達を集めて作られた右翼団体に、虚偽の情報や宣伝を拡散、日本軍部と関連心理戦を行った。

そして民心までを、日本で回すために組職されたといわれている。 黒龍と言う名称は、ロシアと中国間に流れる黒龍江(ヘイルン川, アムール川) 一帯の主導権を占めるように支援することを目標にしたというところからきている。

 1946年に、アメリカ占領政府の命令で公式的に解散されたが 、1961年、内田良平が亡くなった25周年目をきっかけに、黒龍倶楽部が再結成され、黒龍会になったという。

写真:tvN公式サイトより

キム・ミンジョンは親日派の父親によって、日本人の老人と売られるように婚姻することになった。日本人の夫が死んで遺産で継がれたホテル「グローリー」の社長で、イ・ビョンホンを愛する役だ。

以上が内容がドラマ『ミスターサンシャイン』の面白い歴史的背景になります。