「力の強い女ト・ボンスン」あらすじや見どころは?ネタバレ無しで紹介

韓国ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」のあらすじや見どころをネタバレ無しで紹介。

これから視聴しようか迷っている方の参考になるよう、雰囲気や大まかな内容をお伝えしています。

 

【作品の概要】

ヒットメーカーと名高い演技派女優パク・ボヨンと、元祖“演技ドル”と呼ばれ俳優としての地位を確かなものにした超人気俳優パク・ヒョンシクの共演が話題に!

当時のJTBC史上最高視聴率8.9%を樹立した、怪力女子とイケメンCEOが織りなす大人気ラブコメサスペンスの決定版!

 

【あらすじ】

先祖代々、女性にだけ驚異的な怪力が受け継がれる家系に生まれた女性、ト・ボンスン。

“私利私欲のために怪力を利用すると力は消えてしまう“という言い伝えにおびえ、力を隠すように生きてきた。

そのため、「せめてゲームの中では思い切り力を使いたい」という願いから、自分のような怪力女性をモデルにしたゲームを開発することを夢見ていたのだった。

 

 

ある日、ゲーム会社「アインソフト」のイケメンCEOであるアン・ミンヒョクは、ボンスンの怪力を偶然目撃してしまう。

以前から何者かの脅迫を受けて身の危険を感じていたミンヒョクは、ボンスンをボディガードとしてスカウトすることに。

 

 

憧れのゲーム会社であることと、破格の待遇に惹かれボディガードを引き受けたボンスン。脅迫犯を突き止めたら希望のゲーム企画開発室に異動させるという条件で犯人逮捕に協力することになったのだが、同級生で片思いの相手である警察官イン・グクドゥに知られ猛反対を受けるのだった。

 

 

そんな時、ボンスンの住むトボン洞で女性連続拉致事件が発生する。ボンスンが偶然犯人を目撃してしまったために、グクドゥが身辺警護を担当することになった。嬉しさを隠しきれないボンスンに対し、ミンヒョクは苛立ちを募らせていき…?

 

【見どころ】

ト・ボンスンというヒロインは、“怪力女子”という独特な特徴を持つ反面、怪力に誰よりも怯え自分に自信がなく、いつも後悔と反省を繰り返して生きているような女性。

しかし、ミンヒョクの脅迫犯捕獲のミッションや、トボン洞連続拉致事件の捜査を通して、失ってしまっていた“自信”と“勇気”を徐々に取り戻していく姿が、何とも健気でたくましく、応援したくなること間違いなし!

 

パク・ボヨンとパク・ヒョンシクの最高の相性(ケミ)!

ボンスンにベタ惚れのミンヒョクの姿があまりにも可愛らしいと放送当時から話題になった二人ですが、ファンの間では“モンムンカップル(子犬のように可愛らしい)”と呼ばれ、放送終了後の今でも根強い人気を博しています。

劇中で見せた最高の相性(ケミ)が影響し、実際に交際してほしいとの声も多かった二人の姿は、本当にお似合いのカップルそのものでした。

 

刺激的な事件性がストーリーの鍵!

“ミンヒョク脅迫事件”と“トボン洞連続拉致事件“という本格ミステリー顔負けの恐ろしいシーンも見どころの一つ。

しかし、ただ単に「怖い」だけでは終わらない絶妙な塩梅が癖になり、ラブロマンスとミステリーの見事なバランスが物語に飽きを感じさせないスパイスになっていますよ。

 

奇妙な三角関係から目が離せない!?

ボンスン、ミンヒョク、グクドゥが繰り広げるドキドキの三角関係にくぎ付け!

ミンヒョクはカリスマあふれるイケメンCEO、グクドゥは正義感あふれる熱血警察官。対極な男性二人に愛されるボンスンの複雑な乙女心にも注目です。

 

愛のために夢のために、大切なものを守りぬくスーパーガール誕生!

ありのままの自分を受け入れ、素直に生きる勇気をくれるドラマです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください