「オーマイクムビ」あらすじや見どころは?ネタバレ無し【オ・ジホ×パク・ジニ】

涙なしには見られない。健気な少女と孤独な男女が織りなすヒューマンラブストーリー韓国ドラマ「オー・マイ・クムビ」のあらすじや見どころを核心を突くネタバレ無しで紹介。

これから視聴しようか迷っている方の参考になるよう、雰囲気や大まかな内容をお伝えしています。

 

 

作品の概要

天才子役として名高いホ・ジョンウンと、「イニョプの道」や「ファンタスティック・カップル」で人気を博すオ・ジホが、ちょっぴり不思議な父子関係として共演。

笑いあり、涙あり、本当の家族の姿を追い求める、美しくて優しい物語。

 

あらすじ

10歳の女の子クムビは、両親を知らず、幼いころから親戚のおばさんに育てられました。おばさんの家を突然追い出されたクムビは、実の父親だと教えられたフィチョルを頼って会いに行く。

しかし、フィチョルはクムビが娘だという覚えが全くありません。詐欺師として底辺の暮らしをしていたフィチョルと、10歳でも生意気なクムビはちぐはぐな同居生活を始めますが、家賃が払えずに家を追い出されてしまうことに。

 

そんなとき二人はたまたま、美人で優しい女性カンヒと出会う。カンヒは実家に一人で暮らしていたため、二人の生活を見かねて一緒に住み始める。

身寄りのないクムビを放っておけないカンヒ、カンヒに恋心を寄せるフィチョル、カンヒを母のように慕うクムビは、次第に家族のように暮らし始めた。

 

しかし、そこへクムビの実母ジュヨンが現れ、実家がクムビに託した全遺産を目当てにクムビの親権をフィチョルから裁判で奪う。

ジュヨンとの新生活がはじまったクムビでしたが、ジュヨンの生活は、夜遊びと酒浸りの日々。しかし、母親として娘にしてあげられなかったことを必死にかなえようとするジュヨンの姿をみて、クムビはジュヨンを放っておけないと思うように。

クムビの想いを知ったジュヨンはクムビのためにもフィチョルとカンヒにクムビを託し、自分の生活を改善することを心に決める。

 

ようやくフィチョルとカンヒ、クムビの、血のつながりを超えた家族としての生活が始まると思いきや、クムビがとある病気を発症し始める。

それは、記憶がどんどんと失われていくという辛すぎる病でした……。

 

みどころ

本作でベストカップル賞を受賞した、クムビとフィチョルの奇妙な父子関係に注目!

口は達者でも大人の社会の厳しさはまだ知らないクムビ、大人でもできないことがたくさんあるフィチョルのやり取りは、お腹を抱えて笑う時もあれば考えさせられる一面もあります。

はじめはいがみ合っていた二人が、だんだんと互いのことを大切に思い始め、ずっと一緒にいたいと涙を流すシーンは、血のつながりとは何なのかを考えさせられます。

 

重厚に作り込まれた人間関係も素晴らしい

どのキャラクターもどこか憎めない優しさを持っていて、クムビという一人の少女を大切に思う大人たちの気持ちが物語を突き動かしていきます。

家族のほっこりしたドラマと思いきや、ちょっぴり恋愛要素も混じっていて、最終話では各話に散りばめられていた伏線が回収されるので注目!

 

ポイント

クムビという一人の少女に多くの大人が関わります。それぞれ過去に深い傷や闇を抱えていますが、クムビのどこか達観したまっすぐな想いに、少しずつ影響されて前向きな生き方を探していきます。

 

口が達者で、病気のことをひた隠しにして達観していると思いきや、子供らしく無邪気に笑うわずか10歳の少女クムビに生きる強さをもらうこと間違いなしです。年を取ることだけが大人ではない、と思わせてくれます。

 

クムビが本当に望んでいることは何なのかに注目しながら作品をみると、楽しめます。ドラマの展開はクムビのあどけなさからは想像もつかないほど重く、下手に視聴者にこびていないところもこのドラマの魅力だと思います。

血のつながりと家族であることの必然性について、考えさせられるドラマです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください