「憑依」キャストと相関図【ソン・セビョ×コ・ジュニ】

韓国ドラマ憑依に出演した登場人物やキャストと相関図を紹介しているページです。

霊に憑りつかれない体質の不良刑事カン・ピルソンと、霊感の強い霊媒師ホン・ソジョンの2人が、人の身体に憑依して犯罪を犯す霊魂を追う、魂追跡スリラー

 

「憑依」相関図 【韓国語版】

画像: OCN 빙의 公式サイト

避けられない運命から、悪魔との死闘を繰り広げることになった不良のような見た目の、誰よりも確かな霊の所有者である“霊に憑りつかれない体質の不良刑事”ピルソン(ソン・セビョク)と、生まれつきオーラを感じ取りやすいせいで、普通の生活とは程遠い生活を送り、それでも何とかして普通の生活を送ってやろうともがく“霊感の強い霊媒師”ソ・ジュン(コ・ジュニ)が出演します。

登場人物/出演者・キャスト

カン・ピルソン役 (ソン・セビョク)

画像: OCN 빙의 公式サイト

決して霊に憑りつかれることのない体質の不良刑事

“なんや。勘が無くなってしもうたなぁ。俺たちがいつ、事実だけを見る捜査をしたんや。”

警察手帳を見せるまで誰も刑事だとは思いもせず、むしろ犯人なのではないかと誤解される男。

しかし、ピルソンを知る者たちは、刑事として強い力を持っていることを分かっている。

不良のような外見と話し方だが、刑事としての“勘”は誰よりも優れている。泥棒や強盗、殺人犯などは少しも怖くない。しかし虫と幽霊はてんでダメ。

一般的なホラー映画は、一度も最後までしっかり見たことがなく、夜寝るときには部屋の灯りをつけて、それでも足りずにテレビまでつけて寝る。

他の人とは少し違う、何か特別な魂を持って生まれてきたのだろうか?

“こんなお仕事をされるような方ではないはずなのに…お堅いお仕事をされるには、あまりにも魂が澄んでいるようですね。”

これは犯人検挙の現場で、初めて会った霊媒師ソジュンがピルソンに対して発した第一声だ。

そのソジュンと組むことになった“霊に憑かれない”刑事ピルソンは、この先血が滴る悪魔との死闘を繰り広げることになるのだが…。


ホン・ソジョン役 (コ・ジュニ)

画像: OCN 빙의 公式サイト

霊感の強い霊媒師

“このおじさんってば本当に!幽霊、今も見えてますよ?”

強い霊感を持って生まれてきた霊媒師。

霊的な能力を隠して生きようとしているのだが、何もないところで1人で誰かと話すなど、普通に生きるということが案外難しい。

口数は少なくても、カッとなれば少しの言葉で人と納得させる説得力と、どんな相手でも明るくする人並み外れたオーラを持つ女。

しかし、強く見えるその見た目の裏側には、実の母親がどんな人だったのかさえ知らずに1人で生きてきたツラい寂しさを隠し持っている。

母、霊媒師のクムジョ(シン・アルム)は、娘のソジュンが自分と同じ運命をたどることを恐れ、ソジュンが幼い頃に自分の腕から手放した。

ソジュンは、偶然の事故で知り合ったピルソンを初めてみた瞬間、彼の持つ特別な魂に興味を持つ。

特別な能力を隠すために人と距離を置いて、寂しく生きるしかなかった彼女にとって、自分と同じような霊力を持つピルソンに対して興味を持つのは当然のことだと言えるだろう…。


オ・スヒョク役 (ヨン・ジョフン)

画像: OCN 빙의 公式サイト

TFグループ常務

“こんな虫けら共など…死ね。死ね!死んでしまえ!”

比較的若い年齢でグループの経営権を任された、財界で10位以内に入る大企業TFグループの常務。

コネと家柄だけの他の企業の2世とは異なり、優れた事業手段を駆使し、グループを成長させる。

社会弱者の支援事業、寄付などの奉仕活動も怠らず、評価が高い。

しかしそれは外面だけ…

裏では秘密の別荘で幻覚パーティーを楽しみ、経営方針に異議を唱える幹部を請負人に暴行させるなど、金と権力さえあればどんなことでも出来ると信じる人間のクズそのものの男だ。


ソン・ヤンウ役 (チョ・ハンソン)

画像: OCN 빙의 公式サイト

総合病院の外科医

総合病院ハンウル医療院で将来を嘱望されている外科医。

一流大学を卒業し卓越した実力だけでなく、整った容姿に、丁寧なマナーまで兼ね備えている。

誰にでも好感を与える印象のおかげで、患者と病院関係者たちからの人気もある。

 

 

以上が憑依に出演した主なキャストの紹介になります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください