「麗レイ 花萌ゆる8人の皇子たち」率直な感想と評価【9点】イケメンが多すぎて大満足

韓国ドラマ「麗レイ 花萌ゆる8人の皇子たち」を視聴し終わっての感想と評価を記載しております。

 

こんな人にオススメ

・ラブストーリーをガッツリ味わいたい人

・登場人物の心情に納得できるドラマが好きな人

・イケメンに囲まれる話が好きな人

・「花より男子」のようなドラマが好きな人

 

核心を突くネタバレは極力含まないよう気をつけていますが、魅力を伝えるために多少のストーリーは記載させていただきました。

「観ようかなどうしようかな」と考えている方の参考になるかと思います。

雰囲気や概要のチェックに利用して下さい。

 

全話を見終わっての感想

全30話。他の恋愛ドラマに比べると話数が少し多いのですが、王座をめぐる戦いや陰謀が絡むので、長さを感じることなく視聴できました。

ヒロインが高麗時代にタイムスリップするお話なのですが、途中で現代に戻ったりはしません。(戻るのはとある回で1回だけ)

高麗時代と現代を行き来しないので、わかりやすく集中してドラマの世界観に浸れます。

難しいタイムパラドックスや時間軸が苦手な人も安心です。

 

前半は明るい雰囲気で楽しい!

開始早々、皇子たちの入浴シーンが!(笑) 右を見ても左を見てもイケメンという、圧倒的パラダイス!

韓国の俳優は体を鍛えているので、皇子たちもみんな体が麗しくて、絵になるんですよね~。

入浴場でじゃれ合う皇子たちの映像は、まさに目の保養! そして、入浴場にヒロインがタイムスリップしてくるという展開は、とてもインパクトがありました。

 

「皇子が8人も出てくるって、広く浅い内容になるのでは?」

と思っていましたが深く感情移入する皇子は限定されているし、皆さん個性的なので誰が誰だったかわけわからん!ってことにもならず、最後まで楽しめました。

 

その後、皇子たちと関わることになるヘ・ス。

皇子たちからすると、現代から来たヘ・スの考え方はすごく新鮮なのでしょうね、「無礼者!」と言いつつ興味深々。逆にヘ・スは静かに生きたいため、皇子たちと関わりたくない。温度差が面白かったです。

そして、皇子たちとヘ・スが次第に親しくなっていく様子はとても楽しめました。ヘ・スは静かに生きたいと思いつつも、元来の性格が世話好きで優しいので、皇子たちに何かあると放っておけないんですよね~。

 

 

中盤以降は、切なくて涙腺崩壊!

本作の恋愛パートは2部構成。

8皇子との恋も、4皇子との恋も、どちらも素敵でした。私がこれだけヘ・スの恋愛にのめり込めたのは、ふたりの皇子が魅力的だったからだと思います。

 

普通、恋愛が2部構成になっているドラマは、最初の恋愛相手を悪く描くんですよね、次の恋愛相手に移行するために。しかし本作は、最初の恋愛相手である8皇子も、すごく魅力的に描かれているんです!

 

8皇子は、知的で大人の雰囲気がある男性。そして、ヘ・スが混乱した時・心細い時に、いつも優しく手を差し伸べてくれる人。ヘ・スが8皇子に惹かれたように、私も最初は8皇子にハマりました(笑) 

 

ヒロインと感情が共感できるのがいい感じ

そして、途中からヘ・スが4皇子に惹かれたように、私も4皇子にハマりました(笑)8皇子への気持ちが薄れていく過程、そして、同時に4皇子に惹かれていく過程が丁寧に描かれていたので、すごく共感できるんです!

 

4皇子の魅力は、強引で野生的なところ。周りの目や自分の保身は考えず、守りたいものは守るし、欲しいものは手に入れる。言ってみれば、頭で考えるよりも体が先に動くタイプですね。

野生的で冷徹、だけど繊細さも持っている、そんな不思議な魅力を放つ人です。なんというか、4皇子の持つ寂しさや孤独に吸い込まれるんですよね。

心に傷を抱えた男性が好きな人なら、きっと4皇子にハマると思います!(笑)

 

 

悪役は血も涙もない母親

本作の悪役は、4皇子の実母であるユ氏。ユ氏は自分の息子・3皇子を次期王位に就かせるために、あれこれ悪事を働きます。

悪事の内容が胸が痛くなる内容ばかりで少し辛い。

 

ユ氏は現状「皇后」という地位に就いているので、これ以上何を望むの?という感じですが(苦笑)この時代は、自分の息子が王位についてこそ、本当の安泰が手に入るのかもしれませんね。

それから、ユ氏には3人の子供がいるのですが、4皇子に対してだけ態度が冷酷なんですよね。あまりに冷酷なので、見ていて胸がえぐられました。

 

ユ氏をはじめとする悪役たちは、血も涙もない人物なので、倒すべき相手が分かりやすくてドラマに集中できました。ですが、魅力がある悪役が好きな人にとっては、少し物足りないかもしれませんね。

 

 

まとめ

本作は、ヘ・スの恋物語が主軸になっているので、トキメキと切なさを存分に味わえました。ただ、中盤以降は切ない展開がずっと続くので、見続けるのに気力が必要かもしれません。

 

私はすごくヘ・スに感情移入をしたので、ヘ・スと同じ目線でドラマを見ていましたし、完全にヘ・スの感情とシンクロしていました。

 

なんだか私自身がドラマにタイムスリップしてしまったような気がしましたし、見終わった後しばらくドラマの余韻を引きずってしまう(良い意味で)、そんなドラマでした。