「W 君と僕の世界」感想と評価【8点】空前の「W」ブームを巻き起こした大ヒットドラマ

イ・ジョンソク主演のファンタジックなラブストーリー韓国ドラマ「W 君と僕の世界」を視聴し終わっての感想と評価を記載しております。

 

こんな人にオススメ

  • ファンタジー系ドラマが好きな方
  • ロマンス&サスペンス要素の両方が楽しめるドラマを好む方
  • タイムスリップ、異空間ドラマが好きな方

 

核心を突くネタバレは極力含まないよう気をつけていますが、魅力を伝えるために多少のストーリーは記載させていただきました。

「観ようかなどうしようかな」と考えている方の参考になるかと思います。

雰囲気や概要のチェックができます。

 

 

W 君と僕の世界について

韓国ドラマ「W-君と僕の世界-」はイ・ジョンソク、ハン・ヒョジュ共演のファンタジー・ロマンス。

マンガの世界と現実の世界という斬新な異空間ドラマということでも話題になり、ドラマ自体の内容もスピーディーでスリリングな展開が高い人気につながり、第2話以降、最終話まで同時間帯視聴率1位を独走したという大ヒットドラマです。  

 

違い過ぎる2人の世界

マンガの世界と現実の世界がどう表現されるのか最初わかりませんでしたが、違和感なくよく作られています。

しかし、あまりにも違い過ぎる世界に住むカン・チョルとヨンジュが果たしてハッピーエンドになれるのか、どうハッピーエンドになるのか、それともなれないのか。最後の最後までハラハラ・ドキドキの連続です。  

 

予測の出来ない展開に驚くばかり

「やっとここまできたのに、なぜそんな結論だしてしまうの!」「まさか!この人が!」と予測のつかない展開に夢中になってしまい、次の話がすぐ知りたくなってしまいます。 一気見必須のドラマですね、寝不足になります。  

 

2人の悪役

このドラマには悪役が2人出てきます。ひとりは国民的スター、カン・チョルを陥れて政界へ進出しようと企む検事のハン・チョルホ。

そしてカン・チョルの一家を惨殺した真犯人。ネタバレになってしまうことと、ここはご自身の目で知ってもらいたいという点から伏せますが、真犯人の正体、目が飛び出るほど驚きます!  

 

様々な要素が盛りだくさんのドラマ

時に泣き、時に大笑い。 ひとつのドラマに切なさ、スリル、胸キュン、笑いという多くの要素が盛り込まれていて、第1話から見入ってしまうほど飽きのこないおもしろいドラマです。